暮らしを豊かにする取り組み【建物革命スタート】

メリットを知ろう

注目される発電

近年多くのメディアでも取り上げられるようになっているのが太陽光発電ですが、特に東日本大震災の影響もあり、電力への関心が高まったことが背景にあります。太陽光発電は震災の影響が大きかった宮城県でも建物復旧の際に取り入れられるようになっています。太陽光発電を建物に取り入れることによって、光熱費を削減できるのが大きな特徴です。加えて災害時でも発電で貯めた電力を利用することができるので、いざという時にも安心です。メンテナンスも簡単なので、一般家庭でも広く取り入れられるようになっています。地震大国である日本では原子力発電に変わるエネルギー資源として太陽光発電が注目されており、宮城県や近隣県の東北地方でも一般家庭に取り入れるところが増えてきています。

注意も必要

太陽光発電システムを取り入れる時には、事前に確認しておきたいこともいくつかあります。安定的に施設で化学エネルギーを作って発電する原子力発電などと違い、太陽光発電は天気によって発電量が異なります。太陽の日差しが強いとされる沖縄などではかなり蓄電することも可能ですが、宮城県など冬場雪や天気が崩れることも多い地域では発電量が不安定になる場合も少なくありません。震災があった宮城県では取り入れられるようになったとはいえ、未だ価格も高いこともあってなかなか導入できていない場所もあります。しかしながら、長期的な面を考えると、やはり太陽光発電システムを取り入れるメリットの方が大きいと言われています。今では多くの業者が太陽光発電システムを提供していますが、より良い工事で効率よい発電ができるシステムを導入する為にも、業者選びからしっかりと行う必要があります。