暮らしを豊かにする取り組み【建物革命スタート】

災害を防ぐ為に

大切な点検

2002年に改正された法律により、建物を安全に保つ為に防火対象物点検を年に1度行うことが義務付けられています。この点検は全ての建物が行うのではなく、定められた環境にある建物が該当します。特に飲食店やホテルなどはこの点検が必要不可欠となるケースがほとんどです。この制度は人々が安全に施設を利用するためにも非常に重要なものとなっており、火災などが発生した時に被害を最小限に食い止めることにも繋がります。防火対象物点検は毎年行われますが、3年連続で基準をクリアすることによって認定証をもらうこともできます。認定証が発行された建物は利用者の信用度をアップさせることができます。防火対象物点検では、建物の状態や使用方法だけでなく、災害時の避難誘導や救援などがしっかり計画されているかも点検対象になっています。

業者も多い

防火対象物点検の重要性が高まったこともあり、点検を代行して行う業者は増えてきています。防火対象物点検を行った後は、報告書を作成してその地域の消防署や窓口へ提出する必要があります。こうした書類業務も発生することから、全てを代行で依頼するケースも多くなっています。正しく点検してくれる業者を選ぶ為にも、まずは見積り依頼をしておくことが大切です。ほとんどの場合現地調査や見積もりは無料で行ってくれることが多いので、気軽に問い合わせてみると良いでしょう。最近ではインターネットを利用して簡単に業者を見つけることができます。